dhaが支持されている理由|効果が立証されている

男性女性

目の健康を考える

フルーツ

サポートする成分

「アントシアニン」が目を保護する効果がある成分として注目されています。 この成分を多く含む食品で代表的なのがブルーベリーです。フレッシュなものからジャムやソース、ゼリーまでありますが今の時代はサプリが便利です。ブルーベリーで1日に必要な量をとるとしたら、300グラム食べなければなりません。ブルーベリー自体それほど高いものではありませんが、毎日この量を食べると経済的にキツいものがあります。サプリなら数粒で300グラムに値する量を取れるのでたいへん安上がりです。アントシアニンは目の疲れをやわらげ、眼病予防にもなります。目の健康を考えるなら、アントシアニンをサポートする「βカロチン」も必要となります。

大切なのは続けること

ブルーベリーのサプリにβカロチンが配合されていると、粘膜や皮膚が強くなり目の環境がより良くなります。視力も回復され、スッキリとした視界を確保できます。さらにカシスエキスが入っているとパーフェクトです。目のまわりの筋肉を鍛えて老化を抑えてくれます。ブロッコリーなど緑黄色野菜から取れるルテインも目に悪影響を及ぼす成分を撃退させる効果があると高く評価されているようです。βカロチンとカシス、ルテインが入っているサプリを選ぶことが、目を美しく維持できる近道となります。アントシアニンは、体の中に残りません。腸内に吸収されると、24時間後には排出されていきます。効果を持続させたいのであれば、続けて摂取することです。